Top > 音痴とは

音痴とは

音痴とは、辞書的には、「正しい音の認識や記憶、発声ができないこと。また、そういう人(広辞苑)」ということになっています。しかし一般的には、音痴は特に正しい音程で歌が歌えないこと、もしくはそういう性質の人を指します。

音痴は、学術的表現を使うと、「大脳の先天的音楽機能不全」の状態。これに対して、事故や病気といった後天的な理由で音痴になった場合は、「失音楽症」といいます。

こう言うと、音痴が何か深刻な病気や障害であるかのような印象を受けますが、音痴は単に歌に関する能力が低いというだけで、日常生活には何ら支障はありません。

音痴という言葉は、転じて「方向音痴」「運動音痴」などという使われ方もします。音痴は多くの場合は矯正が可能ですので、音痴でお悩みの方は、こうした矯正法を試してみる価値はあるでしょう。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
音痴とは(2009年5月27日)
音痴の原因とメカニズム(2009年5月27日)
音痴修正のススメ(2009年5月27日)
音痴修正の前に(2009年5月27日)